敏感肌化粧水

ほんの少しの刺激がダメージ。敏感肌とは?

昔からそうだったという人がいます。または、中学生の頃にニキビケアをしているうちに、という人も。それから大人になって忙しく不規則な生活になってから、とか。あるいは仕事でものすごいストレスを感じたあたりで急に、など。敏感肌というのは、あるとき突然私たちのそばに立っていてびっくりさせられるものです。今、そうでなかったとしても、明日はそうかもしれない。少しずつその原因となるものが体の中に蓄積されて、そこにちょっとストレスを加えたら出来上がり。積立預金に利子がついて満期になった、みたいなものでしょうか?そんないいものじゃないですね。


敏感肌になると、四季のうつろいにも敏感になります。春や秋は花粉のせいか肌がむず痒く感じます。夏は汗で発疹が出たり、紫外線でかぶれたり。冬は乾燥でヒリヒリ。暖房の入った部屋では体がむずむずしてきます。他の季節では大丈夫だった化粧品が冬ではアウトだったり、衣類の繊維がやけにチクチクするのもこの季節。ダニやハウスダスト、強い洗剤や化粧品に反応するのは一年中。「敏感」肌というだけあって、普通の人が感じない刺激に過敏に反応します。なぜそうなるのでしょうか?


そもそも普通の人の肌の場合、まず刺激を受け付けません。肌にきちんとバリア機能が働いて、自分にとって嫌なものはブロックします。ところが敏感肌の場合、これをガチ受け入れてしまいます。更に受け入れておきながら拒否をするため、それが肌へのダメージとなって表れます。ダメージとなった肌からは潤いが逃げて肌は乾燥し、更に刺激を感じやすくなる。もう逃れようのない負のスパイラルです。でも、逃れましょう!まずは肌を保湿します。今は敏感肌用のスキンケア用品がたくさん出ているので、自分に合ったものを探せます。そして、睡眠を十分にとること。きちんとした食生活を送ること。部屋を衛生的に保つこと。簡単なようで難しいです。でも頑張りましょう!きっといい肌が待っています。

アトピーを助けてくれるセラミドの存在

【アトピーの発症と症状】

アトピーというのは、アレルギー疾患の病で、一般的にアトピー性皮膚炎のことを指しています。原因はまだはっきりとわかっていませんが、アレルギー物質に対して体が過剰反応することと皮膚が乾燥しやすいという体質に、食べ物、ダニ、花粉、化学物質、更には汗や乾燥、そしてストレスなどの様々な環境が加わったことで発症すると言われています。症状としては痒みがあり、ブツブツとした湿疹や、ジクジクとした水分のある湿疹、しこりのような硬い湿疹がみられます。また掻くことで皮膚にかさぶたができ悪化するという悪循環に陥ることがあります。

 

【ウエルカム過ぎるアトピー肌】

もともとアトピー肌の人は、皮膚のバリア機能が損なわれているため、アレルギー物質が肌に浸透しやすくなっています。アレルギー物質に対して人一倍過剰反応するくせに、そのアレルギーを受け入れる。今度こそ結婚したい。もう遊ばれるのはごめんだわと言いつつ、また似たような恋愛を繰り返し、結局傷つくことになるアトピー。彼女が結婚できるには、彼女の(恋愛)体質が変わらなくてはなりませんが、それは容易なことではありません。そもそもなぜ彼女はそんなにも遊び人(アレルギー)を引き受けてしまうのでしょうか?

 

【アトピー肌にはセラミドが不足している】

肌の表面にある角質と角質の間をつなぎとめる細胞間脂質の中の一つにセラミドという物質があり、肌の中の水分を逃さない役目を持っています。このセラミドが不足すると、肌の内側の水分が蒸発し乾燥するだけでなく、外からの異物や紫外線などの刺激から肌を守る角質層がうまく働かくなくなり、肌のバリア機能が低下してしまいます。肌を守って助けてくれるセラミド。とても頼りがいのある王子様ですが、アトピーの方には肌質的にこのセラミドがもともと不足しているという傾向があります。しかし!セラミドは外から取り入れることも可能なのです!

 

【積極的にセラミドを取り入れる】

今までいろんな人に遊ばれて傷ついてきたアトピー。自分にとって誰が必要だったのかわからなかったけど、私をいつも助けて守ってくれる、ちょっと無骨な(たぶん)セラミドの存在に気付くことが出来ました。アトピーとセラミドの結婚はみんなにとっても幸せな結婚です。なにしろセラミドは肌を守る役目だけでなく、体の免疫力をつけたり、神経系統を助ける効果も期待されているのです。サプリメントもありますが、食品ならこんにゃくに多く含まれます。あとは直接つけることで確実に角質層に届き、即効性がある化粧品もお薦めです。【

敏感肌なのに本格エイジングケア「ディセンシア アヤナス」

【憧れのアンチエイジング】

長く敏感肌と付き合ってくると開き直りのようなものがあります。「どうせ敏感肌だし」とすべての責任を敏感肌に押し付けてみると、気楽ではありますが、前向き感がありません。自分でも老けてると思うし、年より若く見られようなんて思うだけでも恥ずかしい。せめてもの見栄は「自然派」を装うこと。アンチエイジングなんてもともと綺麗な人たちが、少しでもその美を永続させるために行うもの。私には関係ないからと、気になるけどわざと無視です。でも!そんなこと思ってるうちは若かった・・・。本当に肌に老いを感じたら、やはりこのままではまずいぞと思うものなのでした。

 

【大人の敏感肌対策】

気を付けて化粧品は選んでいるものの、ストレスなのかホルモンのバランスか、ときどき肌がヒリヒリしたり、赤くかぶれたりしますが、基本はカサカサの乾燥肌。保湿だけは気を付けているつもりです。しかし正直敏感肌用の基礎化粧品というのは、刺激に弱い分、能力も弱く可もなく不可もない状態。正直もうあと一歩踏み込んだものを使ってみたい気もしますが、後悔もしたくない。長く続いた自分なりのケアというのはなかなか変えられないものなのです。

 

【大人の敏感肌専用ブランド「ディセンシア アヤナス」】

いろいろな要因があるとはいえ、たぶん一番大きな原因の老化。どんどん肌の機能の低下が進行しているなか、刺激には更に弱くなり、潤いは逃げていく。その表面をひたすら保湿してあげても、たぶんザルに水をためているようなもの。そこでアヤナスは私たちに、肌の土台から作り直そうというスキンケアを提案してくれました。

 

【「アヤナス」のトリプルリペアシステム】

まずは外部の刺激をブロックするのと同時に内部の潤いを逃さないバリア機能を強化するディセンシア独自の特許応用技術であるヴァイタルサイクルヴェール。そして敏感肌特有の炎症を鎮めるコウキエキス。肌のはりや弾力を取り戻せるCVアルギネートという技術。これがアヤナスの提案する「トリプルリペアシステム」です。この三つの技術で敏感肌の人に初めて本格的なアンチエイジングの効果をもたらすことができるようになりました。まずはトライアルセットで憧れのアンチエイジングを体験してみます。すでに気持ちは上向きです。

保湿化粧品を使うなら冬にこそ試して!

最近とても寒くなりましたね。風邪が流行るので、
風邪はひかないように温かくして寝ましょう。ところで、肌が一番乾燥する季節を知っていますか?

 

そう、それは冬なんです。冬は空気が乾燥してしまうため、空気中の水分が少ないんです。
そのため、暖房ガンガン入れますから部屋の中はカラッカラなわけなんです。

 

乾燥はお肌にとっては大敵!ですから、お肌も乾燥から守らなければなりません。
乾燥から守ってくれる化粧品なんてあるの?と疑問が飛んできそうですが、あります!

 

それは、保湿化粧品です。お肌にうるおいだけ与えれば良いと思ってはいませんか?
実はお肌に必要なのは、うるおいもですが、保湿が一番重要となってきます。
さまざまな肌トラブルが起きるのは保湿が十分にできていないからなのです。

 

ですから、保湿化粧水や保湿クリームなど、保湿に特化したものを選ぶようにしましょう。
中でもオススメはセラミド入りの保湿クリームです。セラミドは肌のバリアをしてくれるので、しっとり感が続きますよ♪


保湿化粧品ランキングちぇき