敏感肌化粧水

敏感肌には刺激のある合成成分などが大敵です。
たとえば次のようなものがあげられます。
@化粧品などを長持ちさせるための「保存料」や「防腐剤」に入っている、フェノキシエタノール・エチルバラベン・ブチル・メチル・プロピル・ジアゾリジニル尿素・イミダゾリジニル尿素などの成分は肌荒れや炎症・アレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。

A洗顔などの泡立ちを良くするジエタノールアミン・トリエタノールアミン・ラウリル硫酸ナトリウムなどの成分も敏感肌の人には刺激が強く、お肌が乾燥したりヒリヒリしてしまう可能性があります。

 

Bリラックス効果などもあるためによく使われている「香料」にも合成成分が使われているので、もっとも肌トラブルを起こしやすい成分ともいえると思います。
肌に優しい成分を選ぶ際に香料を気にする人は少ないと思うので今後は特にスキンケア選ぶときなどに注目してもらいたい成分の1つですね。

 

C石油や石炭などから作られているタール色素、石油系の界面活性剤やパラベンなどの保存料などにも注意が必要です。
タール色素は、アレルギー体質になってしまったり炎症を起こしてしまう可能性があります。
石油系の界面活性剤は、基本的には家庭用洗剤やシャンプーなどに入っていてほとんどのものはお肌に優しいと言われていますが、中には刺激の強いタイプのものもあるので肌荒れや乾燥肌になってしまう可能性があるので出来れば使用をさけたぽうがいいかもしれないですね。