敏感肌化粧水

本来自然にできる皮脂が天然の膜になりお肌を守ってくれるんですが、敏感肌の人はお肌が弱くこの皮脂の天然の膜も少なく常に外の刺激にさらされてるので、特に1番重視して欲しいのが保湿成分が入っているか確認して、しっかり保湿成分が入っている物がオススメです。

 

保湿成分として有名なのが「プラセンタ」・「コラーゲン」・「ローズ水」などがあり、これらが多く入っているものを選びましょう。
肌荒れに良い成分としては、「ソウハクヒ」・「シコンエキス」・「ビフィズス菌」・「乳酸菌エキス」などがあり、肌荒れだけでなく赤みやかゆみにも効果的です。

 

その他にも敏感肌の人は乾燥肌になりやすくシワやたるみの原因になるので、ハリに効果的な成分が入っているかを確認してハリにいい成分がはいっているものも選ぶのがいいんですよ。
洗顔やシャンプーなどには、敏感肌の人には刺激の強い界面活性剤が入っていることが多いので、なるべく界面活性剤が少ないものを選びさらに「タンパク質(アミノ酸)ベース」の洗顔などは低刺激で洗浄力が優しいので必要な皮脂などは残してくれるのでオススメです。

 

これら上記のことに気をつけて洗剤やスキンケアを選ぶことが最も大切ですが、敏感肌の人が皆がみんな同じ成分で改善するわけでもなく、逆に皆同じ成分に炎症を起こすなどの症状が出るわけでもないので、まずは商品を買ってしまうのではなく最初にサンプルなどで症状がでないか・お肌に合うかなどを試してからの商品購入が好ましいでしょう。